経費を節約するのであれば法人カードがおすすめ

4枚のカード

カードを手に入れよう

法人カードは比較サイトを利用することで、入会金や付帯サービスを調べる事ができます。このカードを発行した後は年会費が発生し、毎年払わないと行けないので注意しておきましょう。年会費も比較サイトで確認できます。

複数のカード

ビジネス用カード

法人カードは、特定の法人に所属する個人に対して発行されるカードです。このカードを従業員に持たせていれば、日常的な出納業務の負担を軽くすることができます。また、個人事業主の場合は、経理処理が楽になるというメリットがあります。

クレジットカード

仕事用のカード

特定の会社に属する個人や個人事業主に対して発行されるクレジットカードが、法人カードです。様々なカード会社が法人カードを取り扱っていますが、開業後3年以上であり、なおかつ2期連続で黒字になっていることが契約条件になっているケースが多いです。

便利なカード商品

クレジットカード

ビジネスで使えます

一般的なクレジットカードの場合、券面に氏名を記載されている人が、カード利用者であると同時に支払い義務者であることになります。しかし、法人カードの場合は少々勝手が違っています。カードの券面には、個人の氏名の他に、その者が属する法人名が記載されているのが普通です。そして、カードを利用するのはそこに氏名を記載されている個人ということになりますが、支払いの請求は法人の方に行くことになります。たとえば、頻繁に社員を海外出張させる必要がある会社の場合、法人カード契約を結んでいると、とても便利です。社員に出張費を現金で支給したとしても、海外では現金が使用できないホテルやレストランが少なくありません。また、防犯の観点から考えても、法人カードを持たせるようにしていた方が賢明です。

将来的な展望

現在、法人カードを利用している企業のほとんどが、いわゆる大企業です。中小企業が法人カード契約を結ぶケースはそれほど多くありませんが、将来的には法人カードを利用する企業が増えるのではないかと予想されています。なぜかというと、そうするようにした方が経費を節約できる可能性が高いからです。従来は、あらかじめ宿泊料や交通費の額を目的地別に定め、その金額を社員に出張旅費として支給する会社が大半でした。安いホテルに泊まれば出張費が浮くわけですが、浮いた分は社員のポケットに入ることになりました。でも、ホテル代や運賃の支払いを法人カードで行うようにすれば、会社の負担を本当に必要な額だけで済ませられるようになります。また、細かな利用明細がカード会社から送られてくるため、経理処理がとても楽になります。そのようなメリットがあるため、今後は中小零細企業でも法人カードを利用するケースが増えるだろうと考えられています。

Copyright © 2016 経費を節約するのであれば法人カードがおすすめ All Rights Reserved.