経費を節約するのであれば法人カードがおすすめ

ビジネス用カード

複数のカード

カードの特徴

クレジットカードを持っていれば、現金を持っていなくても買い物をしたりサービスを利用したりすることできるため、とても便利です。一般的なクレジットカードは個人に対して発行されますが、会社に対して同様のカードを発行してもらうことができれば、とても重宝することができます。会社の場合、日常的な決済に現金を使用するのは、なるべく避けたいというのが正直なところです。なぜかというと、支払いの必要が生じるたびに現金を払い出したり、またそれを戻したりしていたのでは、出納管理業務に多大な時間と手間を割かれてしまうことになります。そこで、多くの場合、売掛という仕組みが利用されているわけですが、売掛契約を結ぶためにはある程度の取引実績を積む必要があります。単発での利用に売掛を使うことはできませんから、どうしても現金が必要になります。しかし、会社に対して発行されるクレジットカードがあれば、現金を用意する必要がなくなります。それを可能にしているのが、いわゆる法人カードです。

利用するメリット

法人カードは、厳密に言うと、特定の法人に所属する個人に対して発行されます。法律上、会社のような組織は法人格という特殊な法的人格を有していることになっていますが、会社そのものに対して法人カードが直接発行されるわけではありません。その証拠に、法人カードの券面には、個人の氏名の他に、必ず会社名や屋号が記載されています。会社が外回りの従業員にこのカードを持たせることが多いですが、個人事業主が法人カードを利用するケースも増えてきています。個人事業主の場合、以前は個人的に使っているクレジットカードで仕事関係の支払いを済ませてしまうケースが多かったのですが、後の仕分け作業が煩雑になってしまいます。でも、仕事絡みの支払いを全て法人カードで済ませるようにすれば、面倒な仕分け作業が不要になり、経理処理がとても楽になります。

Copyright © 2016 経費を節約するのであれば法人カードがおすすめ All Rights Reserved.